img_01

佐鳴予備校の個別指導はマンツーツー(1対2)


従来の塾のスタイルは、集団指導型になります。
教室で行う学校の授業のように、
数十人の生徒をひとつの部屋に集めて一人の講師が授業を行います。
この利点はコストを抑えることが出来ます。
教える側としては、声が届く限り、生徒が何人居ても変わりません。
生徒の人数が多ければ多いほど、一人が負担する学費を抑えることが出来ます。
欠点としては、講師が生徒一人ひとりを見るのが難しくなる点です。
また、生徒の習熟度はそれぞれ異なるため、生徒からしたら、
自分に合った授業を受けられるとは限らないのです。

一方で、家庭教師というスタイルもあります。
費用こそ塾の数倍はするかもしれませんが、
自分のペースに合わせて勉強を見てくれる利点があります。
また、講師が家に来てくれますので、通塾の時間を省くことが出来ます。
深夜に帰宅することもありませんので、親としては安心ですね。

佐鳴予備校は集団指導型に加えて、
今流行りの個別指導というものを取り入れています。
これは集団指導型と家庭教師の長所をそれぞれ合わせた、
新しい塾のスタイルになっています。
特徴は、生徒2人に対し、佐鳴予備校の講師1人になります。
自分以外にもう1人生徒がいるため、
ライバル意識が芽生えて、競争心に火が点くという利点があります。

そもそも、家庭教師をする場合でも、講師が常に生徒を指導するとは限りません。
大部分は教えることをしますが、問題集を解かせることもします。
その間は、講師は基本的に暇です。
ジーーーっと生徒を睨んでいても、プレッシャーを与えるだけで邪魔にしかなりません。
佐鳴予備校の生徒2講師1の個別指導でしたら、
1人が問題集を解いている間に、もう1人に指導が出来ます。
これを繰り返すことで、講師は有意義に時間を使うことが出来るというものです。

家庭教師よりも安いので、佐鳴予備校の個別指導で効率の良い勉強をしてみませんか?